So-net無料ブログ作成
検索選択

wot アップデート情報! 新物理エンジンをテストしよう! 物理エンジン2.0テストサーバー公開! [WOT アップデート情報]

スポンサードリンク

wot_physics_test.jpg


 皆さん( ノ゚Д゚)こんばんわ

今回は最新のアップデート情報を紹介

していきたいと思います。内容的には、

以前より色々と言われている物理エンジン

関係です。ドリフトやターン等が可能になる

様子をご覧下さい。



さて、今回は最新のアップデート情報と

いうことですが、今回紹介するのはテスト

段階のものです。なので、次の9.7で実装

されることは無いかもしれません。しかし

おそらく2015年中には実装されるのでは

無いかと思います。

 そんな将来のWoTの姿を動画でご覧

下さい。







いかがでしょう?

T-54の動画ではスリップというか、

ドリフト気味に動いているのがよく

分かりますよね。おそらく現在の物理

エンジンでは不可能なことです。ただ、

履帯の素材や、地質などを考えると、

このように横滑りをしたりするのが普通

なのかもしれません。

 AMX 13 90の動画は今まででは登る

ことが不可能だったような高い地形にも

登ることが可能になっています。ただ、

これは速度と大きく関係があるようで、

速度が乗っていないと登りきる前にずり

落ちてしまっています。

その他にも、サイドブレーキを使用する

ことで、ドリフトや急旋回、リバースターン

など様々なアクションが行えるようになって

いるのがわかりますね。


ただ、これらの車両のように、ある程度

速度が出る車両は滑れたり、ドリフトが

可能だったりしますが、重戦車は鈍足

なのでこれらは不可能なのでしょうか?


いいえ、実はサイドブレーキを使えば、

重戦車といえどある程度のドリフトは

可能です。こちらをご覧ください。




いかがでしょうか?

車両はソ連のIS-3ですね。重戦車ですが

速度はそこそこ出せる部類の車両です。

動画内でもあるように、コーナーなどを

曲がる際、サイドブレーキを使うことで、

少しドリフトしながら曲がっているのが

分かりますよね?

これをうまく使うと、角から飛び出し撃ち

する際にいきなり昼飯や豚めしの状態で

滑りながら飛び出すことも可能になるかも

しれません。じっと待っている側の車両

からすると、いきなり飛び出してきて、

昼飯や豚めしをしているわけですから、

これはもう驚きですよね(笑) それに滑り

ながら出てくるので、弱点を攻撃しにくい

かもしれません。



これらの動画からもわかるように、新しい

物理エンジンは車両の挙動の部分に

重きを置いているのがよくわかります。

以前紹介したHavokエンジンはそれ以外

にも建物などのオブジェクトを含め、全般に

影響があるので、実装が遅れてしまって

いますが、今回のように、一部分だけの

実装なら、それほど遠くない未来に実装

されるかもしれませんね。



それでは最後に、このドリフト等が楽しめる

テストサーバーのやり方を紹介しておきます。

まずは下のURLからインストーラーをダウン

ロードしてください。

http://dl.wargaming.net/wot/ct/files/WoT_internet_install_ct.exe

基本的に許可や実行などを選択していれば

特別問題はありません。因みに、テスト

サーバーは英語かロシア語しかないので

自分のわかりやすい方を選択してください。

そうこうしているうちに、いつものゲーム

ランチャーが立ち上がります。勿論言語は

先ほど選択したものでしか表示されない

ですが、それは仕方がないですね。

そして、ランチャー下部のゲージが最後まで

貯まれば、インストール終了です。これで

Playボタンを押すとゲームが開始されます。

アカウントに関しては、いつも使用されている

モノと共通なので新しく作る必要はありません。

ただ、テストサーバーでの経験値の使用や

クレジットの使用は、いつものサーバーとは

全く無関係なので心配することなくクレジット

などを使用することが可能ですね。

因みに、テストサーバーでは初めに

1億フリー経験値と1億クレジット、さらに

2万Goldがもらえます。これらを使って、

普段は買えないGold車両を使ってみたり

Tier10車両を一気にフリー経験値で研究

して使ってみたりして、実際に使用感を

確かめたりすることが可能です。


因みに、今回紹介した新しい物理エンジン

が体験できる車両は限られていて、全て

の車両で体験できるという訳ではあり

ません。

使用可能な車両は以下の通りです。

[ ソ連 ]
MS-1
Т-34
Т-44
Т-54
Т-62А
KV-1
IS-3
SU-5

[ ドイツ ]
Leichttraktor
Pz.Kpfw. IV Ausf. H
Hetzer

[ アメリカ ]
  T1 Cunningham

[ フランス ]
ELC AMX
AMX 13 90
AMX 50 100



それでは今回はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。

スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 2

NO NAME

すいません、このテストはまだ公開されているのですか?

by NO NAME (2015-03-14 17:38) 

Roger

 NO NAMEさんコメントありがとうございます。

 3月16日現在も稼動していることを確認しましたのでご報告

させて頂きます。
by Roger (2015-03-16 17:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。